忍者ブログ
   つぶやきとおしらせ
[843]  [842]  [841]  [840]  [839]  [289] 

魔淫の石-愛人契約ー


セシル文庫
2010年11月刊
イラスト:砂河深紅先生


父親の借金をかえすため、秋海は一年間、大学を休学し、伊嶋産業の社長・伊嶋修二の愛人をすることに。洋館に閉じ込められ、男なのに女のように抱かれる日々。だが、なぜか修二は秋海をひどく扱うわけではなく、旅行に連れ出したりプレゼントをしたり想像以上に楽しい生活だった。最初は反発していた秋海もいつしか修二に心を開くようになるが、身体だけの関係に耐えられなくなり…。





虜囚愛人


リリ文庫
2010年6月刊
イラスト:日吉丸晃先生

言ってはだめ。愛してる。見せてはだめ。貴方に嬲られ蕩け喘ぐ体。貴方になら何をされてもいいと思ってしまう心。お金と人に傅かれて育った佳は、腹心に裏切られた父の失脚で全てを失う。呆然とする佳に莫大な負債を返せと迫ったのは巨大な権力と金融会社を統べる、神崎史人。美しく冷たい史人に、父が借金を返すまでの人質として、モノのように因習と監視の神崎本家へ送られる。屈辱に塗れ働く佳が史人の真意に届きそうになった時、激情を叩きつけられ…。
 


愛は執淫の闇に啼き


プラチナ文庫
20103月刊
イラスト:香坂あきほ先生

新月の日、発情する体。奇妙な体質を持つ一族の当主・秀士は、自分が幼い頃から従者を務める透に、淡い想いを抱いていた。だが、彼が望む道を諦め、やむなく自分に仕えていること、そして「従者」とは発情した当主の体を慰める為の存在であることを知る。透の未来を奪った上、汚れた役割を押しつけるわけにはいかない。絶望の中、透を従者の任から解放するため、距離をおこうとするが…。




月は執愛の闇に濡れ

プラチナ文庫
2009年6月刊
イラスト:木口薄荷先生

新月の夜に、淫らに変化する身体。その不思議な体質と特殊な力ゆえ、目立たぬように生きてきた温士。だがその日常は、かつて想いを寄せながら、手ひどい裏切りで遠ざけてしまった秀由岐と再会した瞬間に終わりを告げた。怒りも露わな彼に怯える温士は、有無を言わせぬ強引さで捕らえられ、淫らな責め苦で嬲られる! 制御の利かない自分の体が怖い――。だけど、一番怖いのは、今以上に秀由岐に憎まれること。抑えきれない恋慕と、自らを縛る運命に屈し、囚われの身になることを受け入れたが!?




聖隷

セシル文庫
2009年5月刊
イラスト:藤河るり先生

左右の瞳の色が違う者は「悪魔の使い」だ、と処刑されそうになったセバスチャンは修道院の奥にかくまわれ、ひっそりと僧侶として隠れ住んでいた。ある日、そばを通った騎士団に見つかり、侯爵の住む城に連行されてしまう。侯爵の冷酷さに反発したセバスチャンはむりやり犯されてしまい、城に閉じ込められる。
背徳の苦しみと、あってはならない快楽に悩むセバスチャンだったが……!







淫らな檻と甘い枷

プラチナ文庫
2008年8月刊
イラスト:汞りょう先生

飛び抜けた美貌の恭二は仕方なく入った名門中学で、絶大な権力と端麗な容姿を持つ、驕慢な高原に愛玩される。
大学進学を機に離れようとした恭二に、彼は激怒し、心も体も拘束しようとする! 獰猛な瞳でシャツを引き裂き、強引な愛撫で喘ぎ啼かせ!! この執着は何? 灼熱の凶器も愉悦にまみれた体も怖い。
恭二はある覚悟で、密かに人の手を借りて逃げ出すが──。二人の運命は違えることなく、やがて!?


そんなアラブで淫されて

セシル文庫
2008年7月刊
イラスト:嶋津裕先生

白井智哉は、日本の会社での安定した生活を望んでいたけれど、中東から戻ってきた上司の真木野に振り回され、強引に恋人にされてしまう。意地悪で傲慢な真木野に最初は憤っていたけれど、彼の有能さや仕事での頼りがいのある所、そしてベッドでの優しさに惹かれ、いつの間にか好きになっていた。しかし、真木野は彼の拠点である中東に帰らなければならない。海外が苦手な白井は真木野について行くか悩んでいたが、
ある日いきなり中東に連れて行かれてしまって!?
王宮を舞台に、王子様や悪者や媚薬?も出てきます!

 



危ないカラダになっていく

セシル文庫
2008年1月刊 イラスト:夏咲たかお先生

精神生命体として病院の中で楽しんでいた僕は、ある日かつぎこまれてきた救急患者の身体の中にいきなり吸いこまれてしまった!! 元の持ち主はもうこの身体がいらないらしく、とっとと天に昇ってしまう。呆然としている僕は木島和紀という人間として暮らすことになったが、和紀は天才産業デザイナーでめちゃくちゃ我が儘、一緒に住む兄を困らせていたらしい。その兄はまさに僕の理想の男性像で……!
 
 



夜伽家来販売員の性活

シャレードパール文庫
2007年11月刊
イラスト:夏目かつら先生

家来販売会社に勤務するシュニンは、夜伽用アンドロイドのパールと暮らすことに。主人の命令に絶対服従のはずの夜伽家来だが、パールはシュニンの言うことをきかず淫らなご奉仕をどんどんエスカレート。パールにはS攻めの新機能が搭載されていたのだ。まっさらなシュニンは夜ごと甘く喘がされ、ついにはおねだりするほどに開発され―。S攻めアンドロイド×ドM販売員の未来型調教ラブ

そんな上司に嵌められて

セシル文庫
2007年9月刊
イラスト:嶋津裕先生

大手総合商社に所属している白井智哉は、新しい上司・真木野がやってきてからの半年はやりにくくてしょうがない。自分にだけ何かと難癖をつけるのだ。ただでさえハーフということが日本の社会で障害になっている中、無難な生活を送りたい白井には迷惑この上ないものだ。ところが海外出張へ行った先で酔わされ、目覚めてみるとなんと隣には裸の真木野が……!? 翻弄されるセクハラ・リーマンラブ


セクレタリーはセクシーで

シャレード文庫 2006年5月刊
イラスト:羽根田実先生

勤め先で女に持ち逃げされ、融資と引きかえに父の会社を継いだ孝明は、秘書・沢木のお色気攻撃に遭う毎日。それが女性社員を孝明から守るという任務のための行動と知りつつも、麗艶な美貌を持ち「女は飽きるほど抱いた」という沢木に、孝明は次第に心奪われてしまう。だが誘いをかければスルリとかわされ、いいように翻弄され続けて不満は募っていく。そんな折、深夜の忘れ物を取りに会社へ戻った孝明は、咥え煙草にネクタイを緩めた色っぽい姿でバリバリと働く沢木を目撃する。ますます惹かれていく己を持て余し、沢木へ理不尽な肉体への奉仕を要求するのだが…。新米社長×パーフェクト美形秘書のスリリング・オフィスラブ! 書き下ろし続編つき
PR
プロフィール
HN:
しみず水都
自己紹介:
女性向けライトノベルを書いています。
日常のつぶやきはこちらで→twitter

ちょっと一言! とか、軽く突っ込みを入れたい! という時にはこちらへ→ 



確実にお返事を! という方はメールフォームでどうぞ~。
なにかございましたらこちらへ↓
☆商業誌・同人誌・ツイッター☆
リンク

挿絵をしてくださった羽根田実先生のサイトです


 お友達作家様 奥杜レイさんのサイトです


挿絵をしてくださった嶋津裕先生のサイトです


SFエロ変な話サイトです(注 18禁)
すぺーす・ちゃんねる
フリーエリア



当ブログの無断転載転用を禁止いたします。
忍者ブログ [PR]