忍者ブログ
   つぶやきとおしらせ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年は私の本をお手に取っていただき、ありがとうございます。
今年も楽しんでいただけますよう、がんばります!

年末の冬コミでは沢山の方にスペースまでいらしてただき、感謝いたしております。
二次のコピ本も一緒に連れて行ってもらえて、嬉しい年末になりました!

昨年は体調を崩すことが多かったので、今年はそのようなことがないように、
体調管理をしっかりして、周りに迷惑をかけないようにしたいです。

まだまだ寒い日が続きますが、頑張って冬を乗り切りましょうね!
PR
冬コミまであと5日ですね。
新刊 『闇に残る親愛の』コミコミさんで通販予約が始まりました。

 コミコミさん

当日ご参加いただけないみなさまは、こちら↑をご利用くださいまし<(_ _)>



ペーパーにつきましては、まだ未定です。
間に合いましたら通販の方にも入れさせていただきますね。

寒いですねえ。
わたしはがっつり風邪を引いていて、寝込んでおります。

コミケ初の『新刊落としました』の危機に直面しておりましたが、
もすりん師匠とお手伝いさんのご尽力により、なんとか入稿出来ましたです。
やったー! ばんざーい! おふた方ありがとうございます。

ということで、新刊出ます!
いつものあの人たちのお話です。

タイトル『闇に残る親愛の』



商業誌『月は執愛の闇に濡れ』と『愛は執淫の闇に啼き』の
の番外編。後日談。

新月の翌日に朔久原秀士の従者である真原透に、温士の夫である
伍代秀由岐から、電話がかかってきます。その内容は
は、傲慢で我儘な無理難題で……。
二つのカップルのいちゃいちゃをメインに書いています。

通販もコミコミさんに頼む予定です。
決まりましたらまたお知らせさせていただきますね( `ー´)ノ

今回も表紙をもすりん師匠に作っていただきました。
師匠、重ねてありがとうございます!

そしてみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
<(_ _)>
11月25日にガブリエラ文庫より発売されました「妖艶王に愛された眠り姫」に、
 脱字箇所が出てしまいました(>_<)
 ----------------------------------
 正しくは下記の通りです。

 誤/P36_第二章_13行~14行
  白髪交じりの茶色い髪と深い
  を眉間に刻んだ(後略)

 正/P36_13行~(訂正
  白髪交じりの茶色い髪と深い皺を眉間に刻んだ(後略)

 「皺(しわ)」という語句1字が抜けて、以後改行となってしまったものです。
 (後略以降の文章は、全て現行の文章と同様です)

 以後、このようなことが再び発生しないよう努めて参ります。
 読者さま並びに関係者の皆さまにご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。
 ----------------------------------

本当に申し訳ございません!
物語に直接影響するところではないとはいえ、二章の冒頭のとっかかりで、
「はっ?」とさせてしまったことと思います。

著者校と編集部からの決定稿としていただいたPDFファイルでは、
該当の場所に脱字も改行もなく何も問題はありませんでした。
データを印刷に回す最後の調整の際に発生してしまったようです。

特に赤を入れたり訂正をお願いしたりした場所ではないので、
なぜそこでそのような事故が起きたのか、とても不思議です。
でも、読者の皆様に大変なご迷惑をおかけしたことは間違いありません。
ここに重ねてお詫びを申し上げます。

レーベルの公式ホームページにもお詫びと訂正を載せております。
http://gabriella.media-soft.jp/
&lt;&lt; 前のページ 次のページ &gt;&gt;
プロフィール
HN:
しみず水都
自己紹介:
女性向けライトノベルを書いています。
日常のつぶやきはこちらで→twitter

ちょっと一言! とか、軽く突っ込みを入れたい! という時にはこちらへ→ 



確実にお返事を! という方はメールフォームでどうぞ~。
なにかございましたらこちらへ↓
☆商業誌・同人誌・ツイッター☆
リンク

挿絵をしてくださった羽根田実先生のサイトです


 お友達作家様 奥杜レイさんのサイトです


挿絵をしてくださった嶋津裕先生のサイトです


SFエロ変な話サイトです(注 18禁)
すぺーす・ちゃんねる
フリーエリア



当ブログの無断転載転用を禁止いたします。
忍者ブログ [PR]